« はじめまして。 | トップページ | 浦和レッズ優勝カウントダウン?! »

2006年10月26日 (木)

ファイターズ優勝おめでとう

自分は千葉ロッテマリーンズのファンなのですが、今年の日本シリーズの日本ハムファイターズの優勝には素直に感動しました。

今年のファイターズは強かったっす。いいチームに仕上がりました。

新庄の引退を発表してからの笑顔を絶やさない頑張りも素晴らしかったし、

森本ひちょり、田中賢介の1,2番コンビの活躍や

小笠原、セギノール、稲葉のクリーンアップは強力でした。

ダルビシュ、八木の若手の先発投手陣も安定してたし、

某球団の幕張の防波堤みたいに決壊することなくセーブポイントを積み重ね、パリーグ記録の39セーブポイントをあげたマイケルも見事でした。

たくさんの好調な選手を要した昨年のマリーンズとオーバーラップする部分が多々ありますが、見てて期待感に溢れていて、敵ながら特にプレーオフからシリーズにかけては楽しい野球を見せてくれるチームでした。

ファイターズとファイターズファンにとって非常に素晴らしいシーズンだったと思います。

札幌のファンが熱く盛り上がったのも良かったですね。

今回の日本シリーズは、昨年のマリーンズと同様、前評判では相手が有利。

それを覆す見事な勝利でした。

一部の解説者は力が上位と評価したドラゴンズの不調やオチヤイ采配を嘆くばかりで、一向にファイターズの強さを讃えようとしないのが不愉快でなりません。

昨年のマリーンズの場合もそうでしたが、まるで勢いだけで勝ったような解説は聞き苦しくてしかたないですな。

素直にファイターズが強いって何故言えないんでしょうね。(○ーブ○久保)

というか、「大事な時に勢いを出す事ができるのも実力」と思うんですがねぇ。

去年のマリーンズはボビーや初芝がチームを引っ張って勢いを出させてくれましたが、今年のファイターズは新庄を擁したファイターズが実力でもドラゴンズを上回っていたという結果になりました。

選手の気持ちを乗せて、ベストプレーを引き出す術も立派な技術。

「強いチームが勝つんじゃなくて、勝ったチームが強い」ってことですな。

ファイターズ優勝おめでとうございます!

|

« はじめまして。 | トップページ | 浦和レッズ優勝カウントダウン?! »