« いろいろあったなぁ。その① | トップページ | すんなり行かないねぇ »

2006年11月25日 (土)

いろいろあったなぁ。その②

【浦和レッズとの出会い】
Jリーグ開幕を前に、プレシーズンマッチやナビスコカップの予選が開催され、TVでも連日Jリーグ開幕をまるでオリンピックでも開幕するかのごとく取り扱ってくれてました。
そんな中、ある試合のニュース映像が自分の目に焼きつきました。

相手ディフェンダーをゴール前に釘付けにして、連続攻撃よろしくシュートの雨あられ。
おお!このチーム凄ぇ攻撃するなぁ。。

そう、、、そのチームこそ「浦和レッズ」だったのです。。。
攻撃サッカーを標榜する森孝慈監督率いる浦和レッズは、勝敗は別にして超攻撃的なサッカーをする。というカラーが自分の中にインプットされたのでした。

その後のプレシーズンマッチでも、失点や負けはあるものの点は取る。ノーガードの打ち合いをやるような攻撃中心のチームカラーは相変わらずでした、
「よし、レッズを応援することにしよう。」
と、心に決めたのが運の尽き。

これが、苦難の道の始まりでした。

【Jのお荷物レッズ】
プレシーズンマッチでの活躍を目にしていた自分は、レッズが優勝争いはしないまでも、上位で検討してくれるだろう。
と目論んでました。

ところがどっこい、ふたを開けてみればご存知のとおり、最下位争いの常連。
負けに負けて連敗街道まっしぐら、サッカー所浦和の熱いサポーター故にレッズのふがいなさに切れて暴れて。。
レッズサポ=凶暴のイメージが定着してしまいました。

Jリーグバブルの波に乗って、アントラーズやヴェルディが隆盛を極め、後からJリーグ入りしたジュビロが黄金期を造りタイトルを手中にする中、レッズは10年以上タイトルに手が届かないだけでなく負けに続く負けの歴史を積み重ねてきたのでした。。。
Jリーグバブルは自分にとってJが開幕した時点で既にはじけていたのでした。。。とほほ。

【J2降格】
そしてJ2降格。福田正博の涙のVゴールに自分も泣きましたよぉ。。マジで凹みました^^;
今でこそ、降格の心配が無くなったレッズですが、毎年繰り広げられる残留争は他人事ではありません。

J2に落ちても1年で復帰すればいい?
そんな甘いものじゃぁありません。

プロ野球同様、J1とJ2じゃ雲泥の差です。
観客の数も違えば、収入も違う(チケット収入だけじゃなくてサッカー協会からの利益分配金も違います)、地方遠征が多いし、試合会場の環境も悪い。

J1から落ちてきたチームにとっては相手が弱いから有利?
とんでもない!弱いチームは弱いチームなりの戦い方をしてきます、サッカーは実力差≠結果となるスポーツの典型のようなもの。
天皇杯でアマチュアチームがプロチームを破ったなんていう話はざらにあります。

J2はホントにしんどいですよぉ。
だからこそ、J1残留は石にかじりついてでも達成しなくちゃいけないのです。
だからこそ、残留争いは切ないのです。

【悲願達成間近】
ここ数年、レッズはフロントのチーム強化策がようやく実り、
’03 ナビスコカップ優勝
’04 2ndステージ優勝(チャンピオンシップでマリノスに敗れる)
’06 天皇杯優勝
と、タイトルに手が届くチームになってきました。

そしていよいよ今年、リーグ初優勝にあと1勝までたどり着きました。
果たして明日、レッズはアウェーのFC東京戦に勝って悲願のリーグ優勝を手にする事ができるのでしょうか。

きっとできるでしょう!

それにしても、長かったなぁ。。。。って、まだ何も成し遂げてないですね。

すべては明日です。

|

« いろいろあったなぁ。その① | トップページ | すんなり行かないねぇ »