« 歴史を変えたワールドカップを見て | トップページ | レッズ天皇杯連覇 »

2006年12月31日 (日)

レッズサポの今後。。

ネットの掲示板やブログで、Jリーグの観客が行うブーイングについて「いかがなものか」と批判される書き込みをよく目にする事があります。
状況に合ったブーイングならアリだと思います。

応援しているチームがミスを連発したり、闘志を見せない不甲斐ないプレーが続いたら見方チームに対してブーイングするのも良し。
相手チームがリードしている状況で責めてこない(自陣でボール回ししている時)に相手チームに対してブーイングするも良し。
敵の中心選手や実力のある選手に対してプレッシャーをかけるためのブーイングなんてのも意味のあるブーイングではないでしょうか。
状況によって、見方に対する叱咤激励や、相手に対して「ボールキープしないでもっと攻めてこい」など、有効な意味があるブーイングはするべきだと思います。

しかし、
何でもかんでも相手チームに対してブーイングする行為はみっともない事このうえないです。
何でもかんでも相手チームがボールを持ったらブーイング。。。それはちょっと違うでしょ。

応援してるチームがリードしている状況なのに、相手チームが攻めてこない(自陣でボール回ししている時)にわざわざブーイングする必要がありますか?
応援してるチームが勝っているのだから、相手が攻めてこなければ勝てるのに、わざわざブーイングしてプレーを急かすような事しなくてもいいのに。

と、レッズ戦に限らず、Jリーグを見てていつもそう思います。
子供のケンカを見てるようで、稚拙でみっともないし、状況がまったく分かっていない応援ですね。

最近、というか、去年あたりからレッズの応援もそうなりつつあって非常に残念に思います。
応援の仕方も、ピンチやチャンスに抑揚を付けて状況の応じた応援ができていたのに、最近はお経のように特定の応援歌を延々と10分も20分も歌い続けるようなつまらない応援になってきたと感じてます。
ああいう応援で選手に何が伝わるのか甚だ疑問です。

一部のサポーターの意識も変わってきてるようで、サポーター=選手と一緒に戦う12人目の選手 という意識が強すぎて、応援に参加しない観客の存在を否定する態度もネットの書き込みで目に付きます。
「レッズを俺たちサポーターが勝たせてやっている」的な発想が当然のごとくコアなサポーターの中では蔓延しているようです。

コアなサポーターを中心とする熱い応援がレッズの勝利に貢献してきた事は間違いないところだと思うし、指定席やTV観戦しかしない自分から見ても、毎回の熱い応援には頭が下がる思いです。
でも、コアサポはレッズを支えてる力の一部にすぎないという事も自覚しなくてはいけないのではないでしょうか。
指定席で応援に参加しないでレッズのサッカーを楽しむファンも、TV観戦のファンもレッズを支えている一員なわけです。
サッカーの楽しみ方は人それぞれなのだから、ゴール裏で応援しないファンを否定する権利は無いのです。

更に言うと、応援に参加しないレッズファンをレッズファンと認めない発想ですから、相手チームに敬意を払うはずもなく。
「敵=悪」「レッズ=善」「敵=劣」「レッズ=優」といった、子供番組の勧善懲悪的、独善的な態度も目に付きます。

レッズサポがスポーツを楽しむ上の道徳や、サッカーの知識が欠落したサポーターになりつつあるような気がしてなりません。

今年レッズはJリーグを制し、サポーターと共に頂点に上り詰めました。
更に人気も上昇することでしょう。

それと比例して、天狗になって勘違いしたサポーターも増えることでしょう。
そうした時に誰が軌道修正してくれるんだろう。
心配だなぁ。

|

« 歴史を変えたワールドカップを見て | トップページ | レッズ天皇杯連覇 »