« 文明の利器 | トップページ | 天皇杯準々決勝 »

2006年12月20日 (水)

亀田vsランダエタ

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
亀田vsランダエタ

KOではなかったけれど、今回は文句の付けようがない判定勝ちでした。

前回も、1ラウンドにダウンを奪われてからダメージをかかえながら印象の悪い試合で、疑惑の判定とバッシングされましたが、
個人的には亀田が勝っても不思議じゃない内容だったと思いまして、とりあえず今回の結果でスッキリした事でしょう。

今日は、過緊張も無かったようで、自分のボクシングができていたようです。

しかし、亀田は言動とは全く違った計算された緻密なボクシングをしますね。
決してKOできるようなハードパンチじゃないものの、的確で綺麗に当てるパンチと、しっかりしたガード&防御技術。

アマチュアボクシングの選手のような綺麗なアウトスタイルのボクシングをするかと思えばインファイトもできる。

難を言えば、KOできるパンチ力が無い事でしょうか。

ライトフライ級は本来の階級じゃないみたいだし、クラスアップして減量苦から開放&パワー強化をした方がいい気がします。

ファミリー含めて癖のあるキャラクターはさておき、まだまだ若いしボクサー亀田の将来が楽しみです。
まぁ、いい意味でボクシングバカみたいだし、天狗になって暴走する事も無いか^^

|

« 文明の利器 | トップページ | 天皇杯準々決勝 »