« 亀田vsランダエタ | トップページ | 歴史を変えたワールドカップを見て »

2006年12月23日 (土)

天皇杯準々決勝

天皇杯準々決勝、レッズvsジュビロ(at埼玉スタジアム)

レッズ3(10 PK 9)3ジュビロ

PKまでもつれ込む大混戦。
レッズの4人目の酒井が1度外したのに、キーパーが動くのが早かったという判定でやり直しを決めて
結局10対9でレッズが勝つという珍しい結果となりました。

問題のやり直し判定は、スローで観るとキッカーが蹴るよりも早くキーパーが前に動いてたのが確認できたので、厳密にはやり直しなんでしょうが、
ライブのTV映像を観てる限り、やり直しするほど目立った動きじゃなかっただけに、ジュビロにとっては悔しい判定となりました。

でもまぁ、試合中に永井のヘディングシュートがゴールラインを割ったと思われたシーンでノーゴールの判定っていうのもあったし、
ある意味両チームにとって公平に不利な判定がありました。。

審判の判定はさておき試合内容は、

レッズはサントス、ネネ、トゥーリオ、ワシントンと、レギュラー4人を欠く布陣で、前半立ち上がりからジュビロに攻められっぱなし。
前半終わって0-1。
後半の立ち上がりも、うまいことゴールを決められて0-2。

さすがに負けない埼玉スタジアムでも、この展開では厳しいかなぁ。。と思ってたら、
そこはJリーグチャンプの意地でしょうか。
0-2から火がついたように攻めて3-2と逆転。
おお!勝てる!と思ったら、すぐさまジュビロも意地を見せて3-3の同点。
そして延長からPK戦へという流れでした。

スリリングな展開で、天皇杯という負けたら終わりのトーナメント戦にもかかわらず、
両チームの選手が楽しそうにプレーしているのが印象的な、好ゲームでした。

延長戦に入ってからは互いにスタミナ切れで得点の入りそうな気配は無かったですが。
レッズは主力が4人抜けて、怪我で田中達也と堀之内も離脱中という中で、普段出場していない選手が頑張って結果を手にしたのは大きいです。
天皇杯連覇してほしいなぁ。

この試合を見てて気になった事が1つ。

ジュビロの福西。
この選手なかなかのイケメンで今日もジュビロの2点目をたたき出していい働きをする選手なのですが、
相変わらずラフプレーが巧い。
体が強くて、接触プレーにも強いのですが、とにかく先に手が出るタイプ。
あからさまにヒジ打ちしながらぶつかっていくプレーが得意なので、おまえは格闘家か!と野次りたくなるシーンばかりなのですが。
イケメンのせいか、レフリーにカードを貰わないでうまいことラフプレーをするのです。
まさに、敵から見たら嫌ぁ~~~な選手です。
以前もラフプレーで相手選手を骨折に追い込んでおきながら、「やったった( ̄ー ̄)ニヤリ」とほくそ笑んでしまう性の悪い奴です。

逆に、自分が相手からのプレッシャーを受けた時は、触った程度でコロコロとよく転んでうまいことファウルを貰う。

ほんと、相変わらず嫌な奴、というのを再認識しますた。。

しかしまぁ、強いチームには、福西のようなこすっからいタイプの選手が沢山いるもので、
黄金期のヴェルディだったり、ジュビロだったり、アントラーズだったり、今ではレッズもそうなのかもしれませんが。。
見てて気持ちのいいものではありません。

昔からFIFAやJリーグは「フェアプレー」を大切にって、クチを酸っぱくして言ってるのに、
サッカー本来の技術以外の所で勝負する選手がなかなか無くならないのが残念です。
ラフプレーや泥臭いプレーもサッカーの技術の1つなんでしょうが、明らかに相手を傷つけてやろうという意志を出したプレーは辞めてもらいたいものですね。

|

« 亀田vsランダエタ | トップページ | 歴史を変えたワールドカップを見て »