« 阿部勇樹獲得で。 | トップページ | ニコライ・ワルーエフ »

2007年1月17日 (水)

播戸竜二

先日NHKのドキュメント、スポーツ大陸でガンバ大阪の播戸竜二選手がクローズアップされた放送がありました。
見ていて解りやすい闘志溢れるファイターで、貪欲にゴールを狙うフォワードです、ジュビロ磐田のゴン中山のようなタイプと言えば解りやすいでしょうか。

若い頃は、ユース年代の日本代表にも選出された有望な選手でしたが、昨年まではJリーグで不遇とも言える移籍を繰り返し、ぱっとした成績も上げられませんでした。
一昨年ヴィッセル神戸での活躍をきっかけにして、プロとして初めて入団した古巣のガンバ大阪へ移籍し大ブレイク。
日本代表に初選出されるほどのゴールゲッターに成長しました。

プレースタイルは前述のとおり貪欲に、アグレッシブにゴールへの執念を見せるタイプ。
でも、汚いラフプレーがあるわけでなく、外連味のないガッツが持ち味。

放送の中から受ける彼の印象は、プレースタイルそのままのに全てをサッカーに捧げているアスリートでした。(実際はどうかわかりませんがw)
テクニックに優れた選手ではないですが、戦う姿勢やゴールへの執念、そしてサッカーに全てを捧げたライフスタイルは、サッカー選手のあるべき正しい姿だと強く感じさせてくれました。

ハンス・オフトやイビチャ・オシムは「全てをサッカーに捧げる」事の大切さをよく口にしますが、
プロサッカー選手である以上それは当然の事だと頭でわかっていても、果たして何人の選手がそれを実戦できていることでしょう。

♪何をゴールに決~めて~♪
♪何を犠牲にし~たの~♪
byユーミン

トップアスリートはプロ選手に限らず、一般人の云う娯楽や家族との生活などを犠牲にせざるをえない部分が多々ある事と思いますが、
現役で、その競技に人生を懸ける覚悟がある限り、全てを捧げなければ一流にはなれないんでしょうし、オフトやオシムはそれがプロ選手の義務とまで言い切ってます。

プレースタイルの好き嫌いは別にして、三浦知良、中山雅史、播戸竜二といった選手は、メディアや試合でそれをわかりやすく観客のみならずチームメイトにもに伝えてくれる貴重な選手たちです。
夜遊びや喫煙、はたまた犯罪で物議を醸し出す若造選手の手本としてとても貴重です。
時にはヤジを飛ばしても、暖かく見守ってあげたい選手の一人です。

|

« 阿部勇樹獲得で。 | トップページ | ニコライ・ワルーエフ »