« ブルズカップ | トップページ | 読書その2 »

2007年2月19日 (月)

読書その1

ブームからだいぶ乗り遅れた感が否めませんが、会社の同僚から「読んでみたら?」と渡されたので、
リリー・フランキー著
「東京タワー」
~オカンとボクと、時々、オトン~

読んでみました。
同僚から「電車の中では読まないように。」と念を押してくれたのですが、なかなか読む時間が無かったので、休日出勤して暇な時間に会社で読んじゃったのが大失敗。。
休日出勤で周囲に人がほとんどいないとはいえ、多少は他にも出勤してる人がいるわけで、いつ誰かが話しかけにやってくるとも限らない。
おかげで泣をこらえて読むのに必死で、本に集中できませんでしたw
1ページ読んで本から目を外して気持ちを落ち着けては、また1ページ。
( ̄-  ̄ ) ンー
これから読もうという方は、一人で密室で読む事をお勧めします。

親が子を想う、子が親を想う、家族や親戚を想う、友達を想う。。、歳を取ったせいか、人が人を思いやるってのを切々と見聞きすると心の吟線をかき鳴らされますな。

速水もこみち主演でドラマが月9に放送されてますが、ミスキャスト(リリー・フランキー役がもこみちって。。)だし、原作と較べてあらすじは合ってるけどディテールはかなり違うので別の物語と思った方が良さそうです。

|

« ブルズカップ | トップページ | 読書その2 »