« マイブーム | トップページ | 読書その1 »

2007年2月16日 (金)

ブルズカップ

オーストリア、ツネ様の所属するザルツブルグのホームにレッズとドイツの名門バイエルンミュンヘンが招待されて開催されたブルズカップ。
1試合45分で3チーム総当たりの変則形式。

結果は

レッズ 1-3 ザルツブルグ
レッズ 0-3 バイエルンミュンヘン
ザルツブルグ 0-0 バイエルンミュンヘン
ザルツブルグとバイエルンの勝ち点が並んだためPK戦の結果3-2でバイエルンが優勝。

得点だけ見ればレッズにとって惨敗と言って良い結果となりました。

久し振りのレッズの実戦でしたが、
Jリーグ開幕前の新体制でのキャンプ中で疲労が溜まっている中、
ヨーロッパへの移動で時差ぼけ状態で、
慣れない人工芝のピッチで(踏ん張る力加減が慣れずによろける選手が多かったです)、
いくらサブメンバー中心のスタメンとはいえ、シーズン中のコンディションの良いヨーロッパの強豪クラブ相手に、
更に、遠征に帯同したメンバーをできるだけ多く使うために、1試合目、2試合目とも大幅にメンバーを入れ替えて戦った、
などなど。。

数々の悪条件を考えると当然の結果でしょう。

ただ、シーズン中では考えられないような、ミスや明らかにコンディションの悪さが原因で失点しただけで、個々の局面では互角に渡り合ってたし良い連携も見せてくれたのでそれほど悲観する内容じゃなかったと感じました。
小野の得点なんかは、大きな展開でのパスワークから山田がドリブル突破してラストパスした所に2列目から小野が飛び込む見事な連携でした。
残念なのは、試合感が戻らずミスも目立つうちに、早々と失点してしまい、相手を気楽にさせて親善試合モードになってしまった事。
良い面も見せてくれただけに、拮抗した試合展開でそれができたか見たかったところです。

しかしまぁ、良い面も悪い面もあっただけにまだまだ今シーズンに向けて手探り状態と言ったところでしょうか。
3月3日の歴史的な開幕戦となったJ1初昇格の横浜FC戦に向けてチームの完成度を高めていくことを期待してます。
マリーンズがイーグルスに歴史的な1勝を献上したような事になりませんように。。。。

|

« マイブーム | トップページ | 読書その1 »