« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

衝撃のスポーツ

このところ関東では肌寒い日が続きましたが、やっと初夏らしい暖かさがやってきましたねぇ。
ゴールデンウィーク皆さんいかがお過ごしでしょうか。

オタクな自分は引きこもってTVっ子になる事が多いのですが、例によって休日TVを見ておりましたところ、最近にない衝撃Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーンを受けたスポーツがありました。

スーパー14と言われる海外のラグビーリーグ。

Wikipediaによると、
スーパー14(Super 14)はニュージーランド・オーストラリア・南アフリカの地域代表合計14チームで行うラグビーの国際リーグ戦である。2006年シーズンに2チームが新規参入したため、スーパー12から名称が変更された。
14チームが1回戦総当りでリーグ戦を行う。そして、上位4チームがプレーオフに進み、優勝チームが決定される。

簡単に言うと、南半球のラグビーリーグと言ったところでしょうか。

ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共に、世界の覇権を争うくらい強豪国なのですが、その国のクラブチームが混じり合ってリーグ戦を開催するわけです。

日本のトップリーグでも、巨漢のラガーが突進・疾走するプレーにじゅうぶん凄さと面白さを感じさせてくれるのですが、このスーパー14を見てぶっ飛びました。
ラグビーの日本代表が第1回大会からワールドカップに出場しながら未だに1勝(15敗)しかできていないので、ラグビーでは日本は世界に通用しないんだろうなぁ、って薄々感じてはいましたが。

でかい外人選手が圧倒的な質量ともの凄いパワーだけでなく、高度なテクニックと、トップリーグではお目にかかれないような驚異的な集中力を発揮してぶつかり合うのです。。。
こんなえげつない環境で試合してる連中相手に「日本人が勝てるはずがねぇ。。」って痛感しましたです。

いやぁ、ホント、凄いっす。
このスーパー14、アメリカの4大スポーツやヨーロッパのサッカーに引けを取らないくらい面白いです。
ラグビーファンならずとも一見の価値有りです。
もう今シーズンは終盤で、これから一番盛り上がるプレーオフらしいのですが、JSPORTSで全試合中継してるようなので視聴できる方は是非ご覧あれ。
また1つ楽しみが増えました( ̄ー ̄)ニヤリ

|

2007年4月24日 (火)

俺も特待生にしてくれ(謎)

久し振りの更新となりましたが、前回に続いて高校野球の話題です。

裏金問題に端を発して、高校の特待制度も問題になっているようです。
高野連では何故かスポーツ特待制度を認めていないようで、違反した学校や選手には制裁があるそうです。

高野連の通達によると、学業優秀者や家庭の経済的な問題の救済に限って高校球児に授業料免除などの特別待遇が許されるのだそうです。

は?

って感じですな。

野球というスポーツのイメージをクリーンに保ちたいがために徹底的に「金」から遠ざけたいようですが、頭の固い高野連らしい稚拙な発想ですな。
学業のための奨学金は良くて、どうして野球だとダメなんでしょうね。所詮スポーツは娯楽でお遊びなんだから特待制度を用いてまで奨励することは無いってか?
野球というスポーツの社会的地位を軽んじてる措置としか思えませんな。

スポーツしか能が無いやんちゃ坊主大いに結構!それも立派な能力じゃ!
東大出たからって社会に感動を与える人材が育つとは限りませんぞ。

まぁ、裏金に繋がるような制度は認めないってことなんでしょうし、一部では奨励金と銘打って小遣いまで渡してる学校もあるようで、それはどうかと思いますが。
授業料や寮費の免除くらいはいいんじゃないですか?
プロ野球の爺さん連中も訳がわかりませんが、○鹿な大人のやることは理解できませんな。

|

2007年4月 2日 (月)

センバツ決勝

花見の季節ですねぇ。
さくらの薄ピンク色ってのは、何故眺めるだけで人の気分を和やかにしてくれるんでしょうね。

さて、春の選抜高校野球もいよいよ決勝を迎えます。

岐阜の大垣日大vs静岡の常葉菊川

岐阜県勢は自分の地元ということで、甲子園の度に毎回注目してるんですが、
春の選抜では、岐阜県勢が1校も選抜されない事の方が多く、夏は初戦敗退ばかり。

県立岐阜商業や中京(岐阜)という名門校もあって、岐阜県勢もそこそこ強く、甲子園を優勝したのは大昔の事。

自分が物心ついてから岐阜県勢の活躍を目にした事はありませんでした。

それが、享栄高校(愛知)から、坂口監督を迎え、チーム強化に成功したようで、
幸運にも希望枠として選抜出場を果たし、とうとうファイナリストとなりました。

高校サッカーでもそうですが、高校野球でも各県のレベルの差ってのは無くなってきた感が強いですな。
有力選手を集めて、良い環境を整えて、良い指導者が選手を鍛えるってのが強豪チームを作る近道なんでしょうが、
名門や野球の盛んな地域だけじゃなくてもそれができるようになってきたと見てもいいのではないでしょうか。

野球人気の陰りが強調されてますが、昨年の駒大苫小牧といい、各県各地域の底辺は間違いなく拡大して底上げされていると思いたいですな。

ちなみに、大垣日大OBの選手の中に、曽我部の名前を見つけて驚きましたw

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »