« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月15日 (水)

終戦記念日ですよぉ~

私の父はまもなく70歳ですから、幼少時代を太平洋戦争のまっただ中で育ち、父親(私の祖父)は出兵して戦死しました。
父は、祖父の戦死について殆ど何も語ってくれません。
唯一記憶にあるのは、当時、幼かった父の妹(私の叔母)が家の玄関が開く音がすると「とうちゃんが帰ってきた!」とはしゃいだのが可哀想でしかたなかったと言っていた事くらいでしょうか。

終戦記念日が近づくとテレビで戦争を題材にしたドラマが多く放送されます。
今日WOWOWで放送された「祖国」というドラマを見ました。

第二次大戦末期に特攻で鹿児島の知覧から出陣した主人公の兵士が海に墜落し生き延び、戦後は自身の孫まで儲けるほどすっかりアメリカ人として過ごして日本を忘れていた彼が、
ひょんな縁から日本へ旅行することを思い立つという話しでした。

その日本で、戦後半世紀以上経った今尚、毎日海辺で息子の帰りを信じて待つ母が健在なのでした。

戦後60年以上、息子の帰りを待ち続けた母の思いとはどれほどのものだったか、ちょっと考えるだけでも恐ろしいほどの深い悲しみが想像できます。
母と対面した主人公は狂ったように感情をはき出し号泣するのでした。(もちろん自分も号泣しましたw)

戦後60年以上経った今でも、私の父のように、日本人には心に戦争の傷を負った人が沢山いらっしゃいます。
日本人だけでなく、日本が侵略したとされる国、日本と戦った国の人たちも同じです。
戦争で犠牲になった人とその家族の人生って、何なんでしょうね。暗澹たる気持ちになりますな。

国家が個人の人生を台無しにするだけでなく、計り知れない精神的苦痛を与える。
戦争って、ほんと、くだらない。

趣味のように戦争大好きなアメリカもくだらない。
それを止められない日本もだらしない。

武力を誇示して、武勲を誉れとする。
男の子なら憧れる価値観で、自分も戦闘機、戦車、戦艦のプラモデルを作り、大脱走、トップガン、ランボーなんていう映画を喜んで観たクチですが(苦笑)
あんなのは娯楽の中だとしても良くないんだろうなぁ。

日本に戦争を精算できる日は来るんでしょうか。
終戦の日にガラにもなくこんな事を思うのでした、って、ロッテがまた負けてプレーオフ進出も怪しくなってきた現実から逃避しただけだったりして(爆)

終戦記念日にロッテも終戦ってか?( --)トオイメ

|

2007年8月 2日 (木)

ネチネチおじさん

現在パリーグのホームランキング争い独走中の楽天 山崎 武司(39)ですが、
個人的にあまり好みの選手ではなく、彼が何故ホームランを量産できるのか不思議でなりません。(山崎ファンの方ごめんよ)
素人なので技術的な細かい事はわかりませんが、バットのヘッドを効かしたスイングで当たれば飛ぶだろうなぁとは思うのですが、
見るからに淡泊で、いち、にの、さんで振ってる感じ。
プロらしい粘りのあるスイングには見えないのです。

かつては、中日ドラゴンズで96年にホームランキングを獲得した実績のあるベテラン選手で、移籍したオリックスから口減らしで楽天へ。
普通に考えたら引退の危機ですが、諦めずに一念発起。
弱小球団の中にあって頑張ってます。
果たして2度目のホームランキングに手が届くでしょうか。

そんな山崎武司ですが、今日のロッテ戦でプロらしからぬ態度がありました。
6回の第三打席でハーフスイングを取られてカウントを悪くして三振。
これにキレたらしく、ハーフスイングを取った一塁塁審に対してぶつぶつと文句を言いながら、ヘルメットやヒジ当てをあたりにまき散らしながらベンチへ下がりました。
中継を解説してた本西さんは「こういう態度を取った選手は退場にしたらいい、審判にはもっと毅然と対応してほしい」とおっしゃってました。
結果の出せなかった自分に対する怒りならまだしも、ネガティブな感情をまき散らす態度ってのはプロ野球選手以前に人間としてどうよって感じですな。

次の打席は、これまたハーフスイングが前の打席のスイングより明らかにアウトだったのに、何故かセーフの判定でフォアボール。
このあたりの審判の判定の曖昧さが、山崎に見られるような審判に悪態を付く態度に繋がってるんでしょうな。

さて、フォアボールで出た山崎ですが、審判に対する怒りがまだ収まってなかったらしく、攻撃が終わってチェンジになってから今度は2塁塁審とネチネチと口論。
見苦しいったらありゃしない。

39歳のベテランになってまでストライクボールの判定に熱くなる気持ちがあるのは大切なのかもしれませんが。
感情をコントロールできないベテランってのもどうかと思います。
頑張ってるベテランですが、素直には応援できないっすね。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »