« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

レッズACL準決勝進出!

AFCチャンピオンズリーグは決勝トーナメントに入り、我が浦和レッズは現在、韓国の全北現代と準々決勝を戦っております。

第1戦をホームで2-1で勝利したレッズがアウェイに乗り込んで向かえた第二戦。

結果的にここでも2-0で勝利したレッズが準決勝進出を決めました。

アジア制覇へ一歩前進です。

結果は良かったのですが、全北現代のラフプレーのひどいこと。。。
レッズの選手が怪我をするんじゃないかと冷や冷やしました。

第1戦で負けてたのに加えて、開始早々にキーパーのミスで失点したり、不利な判定があったりして全北選手の焦りやイライラが頂点に達してたのはわかるんですが、
あからさまにパスを出した後の選手に後ろからレイトチャージ、足を狙ったタックルというより蹴り、ヒジ打ち、レッズベンチにわざとボールを蹴り込んだりなどなどラフプレー&お下劣プレーのオンパレード。
前半で1人の退場者を出して自ら自滅した展開、レフリーも全北のホームだしカードを出さないよう試合をコントロールしようと頑張ったのですが、ラフプレーはエスカレートする一方。
普通にジャッジしてたら2~3人退場者が出てもおかしくないほど酷かったです。

極めつけは全北のキャプテンが試合終了時にレフェリーに中指を立てるポーズで一発レッド。

観客もグランドにモノを投げ込むし、韓国のサッカーってこんな感じなのかな。と、哀れみさえ感じさせる悲惨な試合でした。
反日教育も手伝ってるのでしょうが、日本チームに対して間違った闘志をぶつけてくるのはもういい加減辞めたらどうでしょう。

とまぁ、韓国チームの行儀の悪さが目立ってたのですが、
そこはそれ、わざわざ韓国まで乗り込んで応援しにいくレッズサポ。。。こやつらの中にも調子に乗ってる○鹿がおりまして。
発煙筒炊いたり、試合終了後に打ち上げ花火を上げたり。。。
( ̄-  ̄ ) ンー、どっちもどっちか。

韓国まで行って熱心にチームをサポートする行いにレッズファンとして頭が下がる思いですが、調子に乗ってバカをやる品の無さには呆れますな。
レフリーに中指立てる選手と同じじゃい。
せっかく勝った勝利が台無しじゃ。

|

2007年9月13日 (木)

ラグビーワールドカップ開催中

フランスでラグビーワールドカップ開催中です。
ジョン・カーワン(ニュージーランド)監督が率いて日本も参加してます。
過去全ての大会に出場している日本ですが、勝利を上げたのはたったの1度。

今大会は外国人監督と過去最強のメンバーという評判もあって2勝目を挙げられるか期待されていました。
グループリーグの初戦となるオーストラリア戦は勝ち目無しということで2軍メンバーで挑み3-91という惨敗でしたが。

主力を温存して勝ちを狙った第二戦のフィジー戦。
勝ちを狙いに行っただけあって逆転につぐ逆転で試合は終盤までもつれる展開。
結局31-35で日本は敗れましたが痺れました。

惜しかったですなぁ。
まぁ、日本に比べて対戦する国は全て格上なのですが、あれだけ頑張っていいラグビーしても勝てない。
切ないです。

いつか2勝目を挙げることはできると思いますが、長期的に見て決勝トーナメント進出できるかというと。。。
自分はラグビーは素人ですが、他の球技と違って、接触プレーが大前提のラグビーではいわゆる外国人の骨格、体格、筋力、質量の前にはいくら創意工夫、テクニック、スピードを磨いても到底埋められない物理的な差を感じてしまいます。

しかし、

これからも日本はワールドカップでは負けの歴史を築き上げていくんでしょうが、くじける事なく出場し続けて欲しいものです。
「参加する事に意義がある」とは申しませんが、何せワールドカップですから、負けの歴史が続こうが自国の代表が強敵にチャレンジするのを見るのは楽しいですし、
負けが続いても日本代表の選手たちは勝利を渇望する姿勢に溢れてます。

|

2007年9月 2日 (日)

ゴルフ新時代

キラキラと若さ弾ける15歳石川遼君がプロツアー挑戦2回目のフジサンケイクラシックを戦っております。
3日目終わって首位と3打差の好位置に着けてます。

衝撃の15歳のプロツアー優勝で、早実のハンカチ王子に続いてハニカミ王子の登場でつ。

父親のゴルフのスコア(95)を小学校3年で(90で)抜いたこのハニカミ王子ですが実に清々しい。
プロツアーで優勝した15歳の少年にもかかわらず、「絶対天狗にはなりたくない!」と、はっきりと答え、「傲慢」さ「天狗」の微塵も感じさせない気持ちの良い今どきの若者です。

まぁ、イケメンだからこれだけ世間が騒ぎ立てるんでしょうが、ゴルフセンスもさることながら人間性に魅力を感じる少年の登場にゴルフオヤジの小生も楽しみに見守ってやりたいと思う今日この頃でございます。

しかし、しかしですよ。

15歳の少年にプロツアーで優勝されて、日本屈指のフジサンケイクラシックでも上位争されている日本のプロツアーって、そんなもんなのかって感じも否めませんな。

日本の男子プロは何やっとんじゃい!って話しです。
藍ちゃんの影にすっかり隠れまくってる宮里兄弟二人もいまだプロツアー未勝利にもかかわらずランキングは上位。
はぁ。。。。何やってんだか。

ジャンボ尾崎が全盛期でも世界には全く歯が立たなかったの見られる「井の中の蛙大海を知らず」「お山の大将」的な体質が男子プロには脈々と受け継がれてるような気がしてなりませんな。
男子プロの諸君!しっかりせんかい!!!

とはいっても、ダメな男子プロより遙かに悪いスコアしか出ないオッサンが言っても説得力に欠けまくりですが。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »