« 亀田問題 | トップページ | はぁ~しんど。 »

2007年10月29日 (月)

レッズ世界進出なるか?

サッカーに詳しくない方にはJリーグやワールドカップ以外の試合が何の試合なのかよくわからないってよく耳にします。
実際、サッカーファンの自分も意味合いのよくわからない試合が事が多々ありますw

国内ではクラブチームの大会は大きく分けて3つあり、

1.Jリーグ
  各チームが総当たり2回戦で戦うリーグ戦。(J2は総当たり4回戦)

2.Jリーグカップ(ヤマザキナビスコカップ)
  J1チームのみが参加する予選リーグ&トーナメント戦。Jリーグの合間を縫って開催されるトーナメント戦。

3.天皇杯
  日本全国のサッカークラブ(プロ、アマ問わず)が参加する日本一決定戦。
  アマチュアクラブは地域の予選から参加。
  大学リーグのシードチームやJ2チームはシードされて決勝トーナメントから参加、J1チームは4回戦から参加。
  アマチュア(地域の草サッカークラブや高校生チーム)がプロチームと対戦する事もある。
  決勝は元旦に開催される。

J1に所属するチームはこの3大会を三冠として制覇するのが目標になります。

この他に、Jリーグ、天皇杯優勝チームが参加できるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)があり、
ACLに優勝すると12月に開催されるクラブワールドカップ(旧トヨタカップ)に出場する事ができます。
クラブワールドカップはかつてトヨタカップと称してヨーロッパと南米のクラブチャンピオンだけが対戦する大会でしたが、2005年からは6大陸(ヨーロッパ、南米、アジア、オセアニア、アフリカ、北中米)のチャンプが集う文字通りクラブチームのワールドカップとして開催されるようになりました。

従って、高校生のチームでも天皇杯に優勝してACLを勝ち抜いてクラブワールドカップに出場するなんていう事も理論的には可能なわけです。

前置きが長くなりましたが、浦和レッズはとうとうACLの決勝に進出しました。
2002年からACLとして開催されるようになってからは日本のクラブチームとしては初めての決勝進出です。

準々決勝、準決勝といずれも韓国のチームが相手で、とりわけ準決勝の城南一和(ソンナムイルファと読みます)戦はホーム・アウェーいずれもスコアが2-2の引き分けでPK戦までもつれ込んだ激闘となりました。
Jリーグを戦いながらのACLということで、厳しい日程の中、選手のコンディションは満身創痍。
それでも城南一和のレベルの高いサッカー相手に苦戦しながらも何とかPK戦を制していよいよアジアの頂点を決める決勝までたどり着きました。

シーズン終盤で選手は皆疲れてますが、ここまで来たら内容より結果優先。
何としてでも優勝してクラブワールドカップに出場し、ヨーロッパや南米の強豪に一泡吹かせてやって欲しいものです。

|

« 亀田問題 | トップページ | はぁ~しんど。 »