« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

浦和レッズ補強中

今年のレッズはACL優勝を果たしましたが、国内タイトルは一つも獲れず。

良いシーズンだったのか悪かったのか、釈然としませんが、来期に向けてレッズの補強が留まる所を知りません。

【退団】
ワシントン
ネネ

【退団予定】
長谷部

トゥーリオ(来年夏頃移籍したがってる)

【新加入】
梅崎(大分)
エジミウソン(新潟)

【獲得交渉中】
高原(フランクフルト)

【獲得失敗】
今野(東京)

ワシントン、ネネが退団して長谷部が抜ける予定、更にオファーがあればトゥーリオも移籍したがってますから、
来年タイトル総取りするつもりなら今できている補強でも足りないくらいです。

ただ、細貝も成長してきてるし、あと一人くらいディフェンスの補強ができれば良しというとこでしょうか。

まぁ、Jリーグの巨人軍と揶揄されてもしょうがないですな。

タイトルにこだわらず、若手を使いながら育てるならこんな補強必要ありません。
ACL連覇、J奪還を義務として考えてるからこその補強ってことでしょう。

今年は「負けない」事が大前提のつまらない現実的な戦術でしたが、来年は攻撃的&ポゼッションサッカーを目指すそうですし、そのための選手は揃いそうです。
果たしてレッズはリニューアルできるか、楽しみに来年の開幕を待ちたいと思います。

|

2007年12月14日 (金)

サポーターもレベルアップしよう

レッズは今シーズン頑張ったご褒美で世界のトップチームのACミランと対戦する事ができました。
ご褒美とはいえ、選手やサポーターは本気で勝ちに行く意気込みでしたが、果たして本気のACミランにどれくらいの勝負ができるか興味深くTV観戦させて頂きました。

結果的には0-1の完敗といったところでしょうか。

レッズの得点機会もあって、もしかしたら、と思わせる内容ではありましたが、局面局面では圧倒的にACミランの選手の質の高さだけが目立ち、中二日の日程的なハンデもあって前半の終わり頃からレッズの選手はバテてきてその時点で勝負アリといった感じでした。

選手には世界のトップレベルを肌で感じることができた経験を生かして来年はJリーグを圧倒して勝つくらいのレベルを目指して欲しいですな。

更に選手と一緒にレベルアップを期待したいのが「レッズサポーター」、熱心に応援する姿勢は毎度毎度頭が下がる思いですが、
ブーイングの仕方、引いてはサッカーの見方ももうちょっとレベルアップして欲しいと思います。

レッズサポの「ブーイング」は敵にプレッシャーを与えるために威嚇する事が目的で、相手がボール持っただけでブーイングってのは、○鹿の1つ覚え的で無節操だと思います。

レッズの不甲斐ないプレー、相手の汚いプレー、リードしている相手が攻めてこなくてボールキープするプレー、審判の疑惑の判定など、抗議したい時にブーイング(抗議)してほしいものです。
逆に、シュートシーンや得点シーンでなくても敵味方問わず好プレーに対しては拍手するくらいの余裕が欲しいですな。

まぁ、勘違いレッズサポの中には「戦いなんだから甘い事言ってんじゃねぇよ」って言う意見もあるのでしょうが、「勝ちに繋がるなら何でもいい」的な発想は改めて欲しいです。

サッカーはあくまでもスポーツです。
真剣勝負とはいえ殺し合いではありません。
盲目的、宗教的に「レッズだけが正義」みたいな応援スタイルは度量の小ささを露呈しているだけで決してリスペクトされるものではありませんし、三菱自工の体質に似た自浄作用の無い集団になってしまいかねません。
熱さでは世界に引けを取らないサポーターになりました、次は日本や世界のサポーターに誇れるそれになって欲しいと願います。

|

2007年12月 6日 (木)

来年に向けて!

浦和レッズのシーズンが終わりました。
レッズにはまだCWCが残ってますが、今の浦和のチーム状態を考えると全く期待できないので自分の中ではシーズン終了ってことにしてます。
J2愛媛FC、J1最弱の横浜FCと連敗するチームがCWCで勝てるわけがないでしょw

さて、

レッズがタイトルを手にするようになってから、選手層の厚さも裏目に出て若手の出場機会が減り、成長してきた若手と言えばオリンピック代表の細貝くらいでしょうか。
その他の若手はベンチ入りはするものの、いざ出場してみるとトップの実力にはほど遠い状態。

勝つ事を義務づけられた世界の強豪クラブと同じように、力の劣る若手を育てるためにバリバリのレギュラーをベンチに座らせるわけにもいきません。
下部組織や生え抜きルーキーでレギュラーまで登り詰める実力のある若手選手ってのはなかなか出てきそうにない状況です。

そこで手っ取り早い強化策といえば、移籍で良い選手を獲得するってことになるのですが。

レッズのフロントは補強に積極的です。

新潟からエジミウソンを獲得。
大分から梅崎を獲得。
海外にレンタル移籍中だった三都主が復帰。
他にもFC東京の今野や、千葉の水野にもオファーを出してるようです。

今年は、ルーキーも獲得せず、移籍で阿部一人を獲得しただけだったこともあり、選手層は厚いと言われながらも故障者続出でシーズンを乗り切れませんでした。
ただ、それは9割以上以上監督の責任だと思ってますが。。。(先ず監督変えろよ。・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...)

残念ながらオジェック続投は決まってるので諦めまして、、、

とりあえず特定のレギュラーを酷使するのはやめてもらって、補強したからにはきっちり補強した選手を使ってやって欲しいですな。
そしてこの補強を必ず来期4冠(J、ナビスコ、ACL、天皇杯)に結びつけて欲しいものです。

まぁ、アンチ浦和の皆さんには「金満球団」「盗っ人」などと揶揄されるのが目に見えてますが、弱い時代から地道にチームをマネジメントして親企業から経済的に自立したからこそできる補強なので勘弁してやってください。
全国的な人気にあぐらをかいて放映権料で儲けている某プロ野球チームとは違いますから。

でも、やっぱり、補強よりも監督変えて欲しいなぁ。ギドの方が良かったなぁ。。。
まぁ、来年オジェックが変わってくれるかどうかも見所ってことで。楽しみにしてます。

PS.

先日のJリーグ最終戦で負けた腹いせに発煙筒を投げ込んだバカが居たようですが。
心あるレッズファンの手助けもあり、犯人を特定でき、球団は犯人を永久出入り禁止処分にしたそうです。
ファンの絶対数が多くなるとこういうバカも少なからず出てくるのでしょうが、偽サポーター撲滅に向けてこれまで以上に善処して欲しいですね。

|

2007年12月 4日 (火)

痺れる接戦♪

野球オリンピックのアジア予選で見事日本が1位で予選通過となりました。
アジアの出場枠は中国が開催国ということもあって1つしかないために、「絶対に負けられない戦いがそこにはある」(byテレ朝)でしたが、気合い入りまくりの日本代表の選手たちは見事に期待に応えてくれました。

負けられない何かを懸けた真剣勝負ってのはいいですなぁ。

しかもそれが接戦ともなると、もうたまりません♪

TV越しにも選手の緊張感や集中力がピリピリと伝わってきます。

見事に代表権をGETした日本チームですが、今回のメンバーについて。
投手はほぼベストメンバーなのに対して野手は外国メディアからも酷評されてましたが、それをはねのける活躍。
一部のメディアでは得点力不足が今後の課題で本戦では小笠原、松中、高橋由伸の代表入りが望まれるなんていう記事も目にしましたが、今回の選手たちでも十分に得点力があるし、小笠原らが加わっても対戦チームのエース級を打ち崩せる保証も無い。
ネームバリューと実績のある強打者が加われば心強いのかもしれませんが、日本のトップレベルの野手なら誰がでても十分通用するんじゃないかと自分は思います。

それくらい日本の底辺は裾野が広くて層が厚い!

イチローが居なくても青木が居るじゃないですか!
城島が居なくても阿部が居るじゃないですか!
松坂が居なくてもダルビッシュが居るじゃないですか!
松井秀が居なくても新井が居るじゃないですか!
松井稼がいなくてもムネリンが居るじゃないですか!
小林雅が居なくても上原が居るじゃないですか(ヲイ!)。。。

メジャー流出おおいに結構。雅の流出大歓迎w

どんどん次のヒーローが日本には出てくるのです♪

結果はともあれオリンピックでも熱い接戦を期待したいですな。

|

2007年12月 1日 (土)

もう、見てられない。

28日水曜日に天皇杯4回戦でJ2の愛媛FCに惨敗しまして、ACL優勝した後は4試合でPKの1点のみと深刻な状況のレッズです。
今日はいよいよJリーグ最終戦。
かつてのレッズに匹敵する記録的弱さで最下位独走の横浜FCが相手。
勝てば優勝が決まるのですが、何せ水曜日にJ2相手に悲惨な負け方をしたばかり。。。
いかに弱い横浜FCといえども勝てる保証は全くありません。。。というか引き分けも厳しいかも。( --)トオイメ

選手は疲労困憊、満身創痍、Jリーグ終盤には必死に引き分けるのがやっと、それでもどうにかこうにか優勝の一歩手前までこぎ着けたのですが、先週の鹿島戦の負けで集中力はプッツり切れ、J2に惨敗する始末。

どうにも不安が一杯ですが。月(ツキ)が変わって12月!内容より結果優先で何としてでも勝って優勝を決めてほしいものです。

しかしまぁ、

今年はスパルタキャンプで選手をイジメ抜いた後に疲れが取れないまま、オーストリア遠征に始まり、ゼロックスカップ、A3、Jリーグ、ナビスコカップ、ACL、天皇杯とありえない過密日程、更に日本代表選手はアジアカップや親善試合とまさに殺人スケジュール。
にもかかわらず、オジェック監督は原則的にレギュラーメンバー固定でここにきてツケがきた感じです。

ヨーロッパの一流クラブでは過密日程を乗り切るためにターンオーバー制(レギュラーを固定せず選手を入れ替えながら試合を消化していく)マネージメントをするケースがありますが、来シーズンはオジェックに真剣にターンオーバーを考えて欲しいものです。

千葉ロッテでボビーがやってるような、常にベストメンバーで試合をするのではなく、ある程度レギュラークラスを休ませながらオーダーを固定しないで、チームのパフォーマンスを一定に保とうとする選手起用法。

ベストメンバーのポテンシャルを100%としたら、ベストメンバーじゃなくてもレギュラークラスを休ませながらシーズン開始から終わりまで常に80%のパフォーマンスで勝てるようなマネジメントが理想でしょうか。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »