« 来年に向けて! | トップページ | 浦和レッズ補強中 »

2007年12月14日 (金)

サポーターもレベルアップしよう

レッズは今シーズン頑張ったご褒美で世界のトップチームのACミランと対戦する事ができました。
ご褒美とはいえ、選手やサポーターは本気で勝ちに行く意気込みでしたが、果たして本気のACミランにどれくらいの勝負ができるか興味深くTV観戦させて頂きました。

結果的には0-1の完敗といったところでしょうか。

レッズの得点機会もあって、もしかしたら、と思わせる内容ではありましたが、局面局面では圧倒的にACミランの選手の質の高さだけが目立ち、中二日の日程的なハンデもあって前半の終わり頃からレッズの選手はバテてきてその時点で勝負アリといった感じでした。

選手には世界のトップレベルを肌で感じることができた経験を生かして来年はJリーグを圧倒して勝つくらいのレベルを目指して欲しいですな。

更に選手と一緒にレベルアップを期待したいのが「レッズサポーター」、熱心に応援する姿勢は毎度毎度頭が下がる思いですが、
ブーイングの仕方、引いてはサッカーの見方ももうちょっとレベルアップして欲しいと思います。

レッズサポの「ブーイング」は敵にプレッシャーを与えるために威嚇する事が目的で、相手がボール持っただけでブーイングってのは、○鹿の1つ覚え的で無節操だと思います。

レッズの不甲斐ないプレー、相手の汚いプレー、リードしている相手が攻めてこなくてボールキープするプレー、審判の疑惑の判定など、抗議したい時にブーイング(抗議)してほしいものです。
逆に、シュートシーンや得点シーンでなくても敵味方問わず好プレーに対しては拍手するくらいの余裕が欲しいですな。

まぁ、勘違いレッズサポの中には「戦いなんだから甘い事言ってんじゃねぇよ」って言う意見もあるのでしょうが、「勝ちに繋がるなら何でもいい」的な発想は改めて欲しいです。

サッカーはあくまでもスポーツです。
真剣勝負とはいえ殺し合いではありません。
盲目的、宗教的に「レッズだけが正義」みたいな応援スタイルは度量の小ささを露呈しているだけで決してリスペクトされるものではありませんし、三菱自工の体質に似た自浄作用の無い集団になってしまいかねません。
熱さでは世界に引けを取らないサポーターになりました、次は日本や世界のサポーターに誇れるそれになって欲しいと願います。

|

« 来年に向けて! | トップページ | 浦和レッズ補強中 »