« 「アスリートの聖地 カンプ・ノウ」を見て | トップページ | 開幕即終戦。 »

2008年2月20日 (水)

民意の無い国

サッカーの東アジア選手権が中国で開催されております。
日本、韓国、中国、北朝鮮の4カ国対抗戦です。

日本は初戦の北朝鮮戦に1-1の引き分けでしたが、試合は四六時中北朝鮮の大応援、たいしたチャンスじゃなくても北朝鮮がボールを持つとワー!ワー!ワー!と大歓声。
対して日本がボールを持つと大ブーイング。

まぁ、観客は殆どが中国人だと思われ、相変わらず反日アピールに余年がありませんな。
試合前の国歌斉唱でも、君が代にはお約束のブーイングでした。

すっかり「不作法」「恥知らず」は中国人の代名詞となりました。

かと思えば、今日の日本vs中国戦では、中国への大応援は相変わらずでしたが、日本に対するブーイングは皆無。

オリンピックを控えて民度の低さを露呈するわけにはいかないと中国政府当局の圧力が効いたようです.
しかし、中国政府の圧力は審判にも効いたようで、試合ではありえないほど中国寄りのレフェリング、中東の笛ならず中国の笛でした(笑)

ほんと、厚顔無恥な中国人には閉口させられっぱなしですが。

今まで散々反日感情を刷り込まれてきたのに、オリンピックのために感情を抑え込まれてしまう中国人もある意味可哀想ですな。
場当たり的な中国政府と民度の低い国民。
オリンピックを開催する資格の無い国に思えてしかたありません。

|

« 「アスリートの聖地 カンプ・ノウ」を見て | トップページ | 開幕即終戦。 »