« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月23日 (日)

ディフェンス陣入れ替え時期?

チーム再建半ばのレッズですが、今日はアウェーで京都と対戦。
意思統一された良い仕上がりの京都に対して、何と不振だった攻撃陣が奮起してレッズが前半3-1でリード。
と思いきや、後半は京都の戦術変更に対応できずバタバタになって2失点。
結局3-3の引き分けでした。

まぁ、まだまだチーム再建中といったところでしょうが、
3失点の守備陣が実に不甲斐ない。
失点はディフェンスだけの責任じゃないとは言いますが、今日に限ってはディフェンス陣のだらしなさが目立ちました。
特に坪井。

代表引退してレッズの試合に集中すると宣言したのは良いものの、技術が高いわけでもなく、読みがうまいわけでもなく、もともと身体能力の高さだけで守備してた選手。
それだけに自慢の体力が頼みの綱なのですが、体力の不安から代表辞退するくらいだから落ち目ってことなんでしょう、
実際自信無さそうなプレーが目立ち、ボールを持てば慌てまくり相手フォワードにチェックされ、苦し紛れに出したパスがカットされる。
ボールを持ったフォワードにはソロソロと近寄ってまともなプレッシャーを掛けられず、好き放題パスを回される始末。
クリアも中途半端でことごとく相手に拾われる。
一生懸命プレーしてるのはわかるんですが、一杯一杯のプレーで全く余裕がありません。
まるでルーキーの選手。

なんでこんなふうになっちゃったんでしょうね。

厳しいようですが、今の坪井はレッズの穴でしかありません。
ここまで自信喪失してる選手を立て直すのは容易じゃないです、移籍して環境を変えてあげるしかないかなぁ。
さてエンゲルス監督。どうします?

|

2008年3月20日 (木)

そしてサポーター抗議w

今日のナビスコカップも神戸に0-1の敗戦。
監督交代のカンフル剤も虚しく、普通に負けました。

まぁ、好調の神戸が相手だったし、開始直後のワンチャンスを決められる展開。
その後は監督が変わった効果が見られて選手は走りまくり、攻撃の形も出てきてレッズが圧倒してただけに惜しい敗戦でした。

それでも昨シーズンからの連敗を止められなかった事に怒ったサポーターはチームへ抗議活動を開始(笑)
まぁ、現場の状況を把握せずここまで事態を悪化させたフロントの無作為は責められてしかるべきですな。
ゼニ儲けばかり熱心になって肝心のチーム強化をおろそかにしたツケです。

でもまぁ、
チーム再建は、どん底から一歩前進。
ファンとしては見守る事しかないので、とりあえずエンゲルスと選手たちに頑張ってもらって良い方向に向かうのを祈るのみです。

|

2008年3月19日 (水)

案の定、監督交代。

開幕して2試合目で早々とオジェック監督が解任されました。
昨年はACLで優勝したものの、偏った選手起用と無策のためシーズン終盤はレギュラー選手は疲弊しチームは失速、史上最弱の横浜FCに破れてJリーグ優勝を逃す始末。
今シーズンは攻撃サッカーを目指すと公言したのに昨シーズン終盤の悪い状態のまま、少しもチームを変えることができませんでした。

監督としての能力の欠如から選手の信望も全くなくなってしまっていて立て直し不可能と判断したフロントの決断が更迭だったわけですが、
良く言えば早い決断、厳しく言えば監督の能力が無いのは昨シーズンを見てればある程度予測できたはずで、結果的に遅すぎる決断でした。

オジェックを擁護するとすれば、昨シーズンは絶対結果を求められる立場にあっただけに、個人の能力に頼った守備的なサッカーをせざるをえなかったのでしょうし、ある程度の成果はありました、
但し、その代償がJリーグ優勝を逃し、監督を信用しない小野やワシントンはチームを離れました。

今シーズンに向けて、補強はしたものの、無くした選手の信頼は戻らず、明確な戦術も無く、監督としての無能さを露呈するばかり。
これで個人な無能監督ランキングの同率首位でジーコとオジェックが並びました(爆)

更に問題なのは後任監督。

コーチだったエンゲルスが監督に昇格したのですが、
彼は天皇杯優勝監督という実績がありますが、J1降格経験監督でもあります。。
選手からの信望は厚く、若手を育成する手腕には長けているようですが、

代表クラスの完成された選手が多く、優勝を目標にするレッズを再生できるのかかなり疑問が残るところ。
そんなエンゲルスに対してレッズのフロントは2年契約を提示したとか。。。

本気で優勝したいなら高額選手を引っ張ってくるよりも優秀な監督を連れてきた方がいいと思うんですがねぇ。
どうもレッズのフロントは本気でチームを強くしたいと思ってないようです。

まぁ、開幕戦を見て今シーズンのタイトルは諦めたので、期待しないでチームの立て直しをじっくり待ちますか。

たった2~3年でレッズの凋落。短い春でした。また暗黒の時代が続くのか( --)トオイメ

|

2008年3月 9日 (日)

開幕即終戦。

Jリーグが開幕しました。
レッズは0-1で横浜Fマリノスに敗戦。

昨年の開幕とは違って、無駄な遠征も無くコンディション作りは問題無かったはず。
主力のケガ(ポンテ・三都主)や放出(小野・長谷部・ワシントン)はありましたが、それなりの補強もできたはず。

でも、開幕戦を勝てなかったというより、引き分けに持ち込む可能性さえ感じない内容で完敗。

「お粗末」の一言。
昨年同様の個の力に頼り切った行き当たりばったりサッカーのままでした。

このオフ監督は何やってたんでしょうね。
今年は攻撃的なサッカーが目標のはずだったのですが、攻撃の形が1つも出ずじまい。

レギュラーから早くも監督批判続出のようです。

いやはや、開幕したばかりだというのに、アジア連覇やJリーグ王者奪還どころかタイトルも危ういチーム状況に愕然とさせられました。
とほほ。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »