« そしてサポーター抗議w | トップページ | レッズの春はまだまだ遠い。 »

2008年3月23日 (日)

ディフェンス陣入れ替え時期?

チーム再建半ばのレッズですが、今日はアウェーで京都と対戦。
意思統一された良い仕上がりの京都に対して、何と不振だった攻撃陣が奮起してレッズが前半3-1でリード。
と思いきや、後半は京都の戦術変更に対応できずバタバタになって2失点。
結局3-3の引き分けでした。

まぁ、まだまだチーム再建中といったところでしょうが、
3失点の守備陣が実に不甲斐ない。
失点はディフェンスだけの責任じゃないとは言いますが、今日に限ってはディフェンス陣のだらしなさが目立ちました。
特に坪井。

代表引退してレッズの試合に集中すると宣言したのは良いものの、技術が高いわけでもなく、読みがうまいわけでもなく、もともと身体能力の高さだけで守備してた選手。
それだけに自慢の体力が頼みの綱なのですが、体力の不安から代表辞退するくらいだから落ち目ってことなんでしょう、
実際自信無さそうなプレーが目立ち、ボールを持てば慌てまくり相手フォワードにチェックされ、苦し紛れに出したパスがカットされる。
ボールを持ったフォワードにはソロソロと近寄ってまともなプレッシャーを掛けられず、好き放題パスを回される始末。
クリアも中途半端でことごとく相手に拾われる。
一生懸命プレーしてるのはわかるんですが、一杯一杯のプレーで全く余裕がありません。
まるでルーキーの選手。

なんでこんなふうになっちゃったんでしょうね。

厳しいようですが、今の坪井はレッズの穴でしかありません。
ここまで自信喪失してる選手を立て直すのは容易じゃないです、移籍して環境を変えてあげるしかないかなぁ。
さてエンゲルス監督。どうします?

|

« そしてサポーター抗議w | トップページ | レッズの春はまだまだ遠い。 »