« 民意の無い国 | トップページ | 案の定、監督交代。 »

2008年3月 9日 (日)

開幕即終戦。

Jリーグが開幕しました。
レッズは0-1で横浜Fマリノスに敗戦。

昨年の開幕とは違って、無駄な遠征も無くコンディション作りは問題無かったはず。
主力のケガ(ポンテ・三都主)や放出(小野・長谷部・ワシントン)はありましたが、それなりの補強もできたはず。

でも、開幕戦を勝てなかったというより、引き分けに持ち込む可能性さえ感じない内容で完敗。

「お粗末」の一言。
昨年同様の個の力に頼り切った行き当たりばったりサッカーのままでした。

このオフ監督は何やってたんでしょうね。
今年は攻撃的なサッカーが目標のはずだったのですが、攻撃の形が1つも出ずじまい。

レギュラーから早くも監督批判続出のようです。

いやはや、開幕したばかりだというのに、アジア連覇やJリーグ王者奪還どころかタイトルも危ういチーム状況に愕然とさせられました。
とほほ。

|

« 民意の無い国 | トップページ | 案の定、監督交代。 »