« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月20日 (日)

結局ぐだぐだに逆戻り

埼玉ダービー観てきました。
浦和 0-0 大宮

守備的というか、前線からプレスかけまくりの積極的な大宮に四苦八苦してスコアレスドロー。
お互いに得点チャンスは2~3度あったけど、より効果的で得点の予感のする攻撃をしていたのは大宮でした。

対して浦和は悲惨の一言。

疲れのせいかとにかく判断が遅くて悪い。全員ぐだぐだw

判断が遅いから動きだしが遅い、判断が遅いからパスを出すタイミングを逸してバックパス。
攻撃も守備も後手後手でテンポが悪い。

大した攻撃されてるわけじゃないのにディフェンスラインはズルズルと下がる。
両サイドもディフェンスラインまで下がって常に5バック状態。

下がりすぎるから中盤がガラ空きになってボランチがプレスをかけようにも人手不足でいいようにパスを回される。

やっと相手が疲れてきて中盤のボールポゼッションも上がってきたと思ったらディフェンスラインは下がったままで押し上げないから攻撃できない。

ほんと、非道いもんです。

更に悪いのが高原。
パスが来ないから下がってボールをもらいに来るのは良いけど、ボールをはたいて前戦に飛び出して行くかと思ったら更に自陣に下がる始末。。。
ヾ(°∇°*) オイオイ 何がしたいんじゃ?おまえフォワードだぞ?

ディフェンスに競られるとコロコロとよく転ぶ。
ヾ(°∇°*) オイオイ 踏ん張ってボールキープせんかい!

フリーランニングはたまにするのだけど1本走ったら終了して休憩。
ヾ(°∇°*) オイオイ 「動き直し」って知ってる?

とても日本代表のそれとは思えないプレーぶりでした。
実績がある選手なのはわかりますが、なんでこんな状態の選手が日本代表候補に選ばれてるのかさっぱり理由がわかりませんな。

不振の理由の1つに、まだ浦和に住まいが決っていないというのがあるらしいのですが。
契約決まってから何ヶ月経っとると思っとるんじゃい!
マイホーム建てるわけじゃないだろうに!
ええかげんにせい!

|

2008年4月13日 (日)

なんとか、優勝争いの権利復活。

ホームの利、中三日の鹿島、後半開始のフォーメーション変更が功を奏してうまいこと鹿島から勝ちを拾ったレッズですが、さすがに好調鹿島のノリノリの攻撃は分厚く、ゲーム終盤は押し込まれっぱなし。
うまいこと得点機会をモノにしたレッズですが、勝負に勝って試合内容で負けたと言ったところでしょうか。

相変わらず高原は役立たず、エジミウソンのフィジカルもイマイチで後半はバテバテ、小笠原や遠藤みたいに攻撃を組み立てるパサーも不在で選手の動きは良くなっているものの、無駄に運動量が多い疲れるサッカー。
安定した戦いぶりにはほど遠いところです。

この先安定感ある充実した戦いができるかはわかりませんが、本格的な立て直しにはあと2~3ヶ月はかかりそうです。
とりあえず、監督が変わって、選手のモチベーションも上がって、動きが良くなれば個の力でこれくらいは出来るチームってことですな。

返す返す前監督のチームの壊しっぷりには呆れるばかりです。

とりあえず、優勝争いの権利が復活してくれてホッとしました。

|

2008年4月10日 (木)

ホンモノではないものの、

ホンモノではないものの、清水、磐田に逆転勝利で2連勝したレッズ。
連勝はしたもののギャンブル的な戦い方が目について安定した強さが戻ったわけではないというのが専門家の見解のようです。

実際、トゥーリオのポジションをどんどん上げて、言わば奇策ともいう采配で運良く勝ちを拾った印象です。
ただ、攻撃と守備が思考停止状態だった昨年の悪い頃とは雲泥の差の運動量とアグレッシブさがあり、選手は良く動くようになりました。

専門家の言うような、ボールを支配して中盤がパスを配球して相手の守備を崩しながら攻撃陣が得点するような安定した戦いができるチームが必ず優れているとも思えません。
新生レッズはまだまだ発展途上ですが、パスアンドゴーとフリーランニングができるチームになりつつあるのでこのまま突っ走って欲しいものです。

さあ、長いシーズン山場はまだまだ先ですが、今週末はいよいよ絶好調の鹿島との対戦です。

ACLの厳しい戦いが始まってる鹿島には不利な状況ですが、これも弱小レッズへのハンデということで、、今のレッズがどこまで戦えるか。

ホームですが、最低でも引き分けで終わらせて欲しいものです。

|

2008年4月 1日 (火)

レッズの春はまだまだ遠い。

素人が観てもアリアリと酷いプレーだとわかる坪井をスタメンから外し、トゥーリオをボランチに入れてようやく今期初勝利。
相手も不調の新潟だったというのもありますが、久々の快勝でした。

と、思ったら、鈴木啓太が怪我で途中交代。
コンディションの上がらないエジミウソンは途中交代を命じられて不満爆発。
高原は相変わらず役立たず。
監督交代の効果が少しずつ現れてきてますが、まだまだ強いレッズを作るには時間はかかりそうです。

今思えば2005年のセカンドステージで優勝した時のレッズが最強でした、それ以降は成績は良いものの内容の無いサッカーでチーム力維持には失敗したと言っても過言ではありません。
2005年の経験や自信という貯金を吐き出すだけの期間だった気がします。

というか、貯金を吐き出すだけじゃなくて、後退しちゃいました。

結果優先のリスクを冒さないサッカーに徹したツケで、個々の選手の機能的な動きが皆無になってしまいました。
日本代表でもそうですが、失点するリスクを減らして結果を求められるチームは受け身になりがちで、ダイナミックな攻撃をしませんからボールを持った時のサポートする選手の運動量が極端に少なくなります。
リスクを減らして攻撃陣の個人技に頼って点を取る。

こうなっちゃうと観てて少しも楽しくないのですが、勝てなくても負けないサッカーを求めるとそうなっちゃうんでしょうかね。

それでも選手にはもう一度基本に立ち返って欲しい、
とにかくパスアンドゴー(パスを出したら走る!)とフリーランニング(パスコースを作るために走る!)が全くできていないんじゃボールをゴールへは運べません。
逆襲に備えてボジショニングを考えておくのも大事だけど、とにかくパス出したら走って、フリースペースに走り込んで、という積極的な基本動作をしないことにはダイナミズムを持った攻撃サッカーはできません。

レッズや代表の名のある選手に限ってこれができていない。
怖いモノ知らずの若手が元気に見えるのはそのせいでしょう。
守備を忘れて良いとは言いませんが、パスアンドゴーとフリーランニングをやってくれ。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »