« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月18日 (日)

レフリング~~!

リーグ戦中断前の最後の試合。
レッズはガンバ大阪に2-3の惜敗。

疑惑の判定、というか誤審から失点して負けました。
試合前からガンバサポがレッズ側に物を投げ入れる挑発行為に加えて負けた鬱憤もあって暴動騒ぎまでありました。
お互いのサポに対して「調子に乗ってんじゃねぇぞ!」と言いたいですな。
熱くなるのはわかりますが、サッカーはあくまでもスポーツです、暴力や卑劣な挑発は御法度です。
「そんな綺麗事言ってるから日本のサッカーは弱いんだ」っていうサポーターは必ず居るでしょうが、スポーツは綺麗事無くして成り立たないんですよ、そこが本質なんですよ、フェアでクリーンじゃなきゃいけないんですよ。
感情に任せて暴力や卑劣な挑発してるようじゃ日本のサッカーの未来は無いと自分は思うし、サッカー先進国で見られるサッカー文化の汚い部分をマネして欲しいとは思いません。

さて、本題は審判問題です、
まぁ、前節の川崎戦は浦和に有利な判定で勝っただけに誤審の件は何も言えません。
ミスジャッジは人間のやることだからしかたないし、それもゲームのエッセンスと割り切るしかありません。

ただ、誤審の多さもさることながら残念なのはJリーグの審判の態度。
異議をまくし立てる選手にも問題があるんでしょうが、審判の態度が実に情けない。
選手に対して「死ね」と発言した疑惑を持たれた審判も居ましたが。

選手に文句を言われた審判は逆上して威圧的に恫喝するか、おどおどして黙り込むか。大人の対応をする方もいらっしゃいますが、人間的に問題あるんじゃない?と思わせる審判が多いです。

自分も選手だった頃、判定に対して「え~うそぉ~」と、思わず口にした言葉に対して俺様の判定に少しでも逆らう奴は許さんと言わんばかりに高圧的な態度で「今度言ったらイエロー出すぞ!」と注意されました。
「え?なんで?」と質問すると、「口答えしない!」と恫喝する始末。
は?って感じです。

これは高圧的な審判の典型ですが、アマチュアレベルの審判からプロの審判に至るまで日本のサッカーの審判ってのは、感情的かつ高圧的になちがちなようです。

対して、ラグビーの審判ってのは実にレフリングの巧さを感じさせてくれます。
ラグビーの中継を観てると、主審にマイクが付けられていて何をしゃべってるのかがよくわかります。

ラグビーのルールが複雑で判定が分かり難いということもあって、TV中継の際には主審にマイクが付けられるようになったみたいですが、
常に反則しないように選手に声をかけ、判定は淡々とこなし、選手はエキサイトしても決してけんか腰にならず、冷静に且つ丁寧に非情に紳士的な態度で選手に注意を与えます。

まぁ、ラガーメン相手にエキサイトしても身の危険を感じるだけかもしれませんし(笑)、ラグビーの伝統として選手は審判に殆ど異議を言わないってのがあるのかもしれません。

しかし、Jリーグの審判員は未熟なレフリングの改善だけじゃなくてラグビーの審判の態度を見習って欲しいものです。

|

2008年5月11日 (日)

おっちゃん厄払いの巻

5月も中旬に入ったというのに、今日の最低気温は9度と3月並みの冷え込みでビックリしながら、今年前厄の自分はマリーンズの厄払いも兼ねて成田山新勝寺に行ってきました。

小雨の降る天気の悪い中、午前9時というのにそこそこお参りされるお客がいました。

01_2

参道にはお土産物の店が建ち並んでます。






02_2

何故か参道の土産物屋の中に、辰ちゃん漬け。。。





03

近隣の駐車場から少し歩くと総門(入り口)です。昨年立て替えられたようでまだ真新しい木の香りがしました。





04

総門の反対側には信者さん用の会館?がありました。唐川のパパはここで働いてるんでしょうか。





04_2

本堂へ向かって階段を上るんですが、これがかなり急で、お年寄りの方は昇降に四苦八苦されてました。


>

06

大きいですねぇ、何やら記念イベント中らしかったのですが、何故1070年なんでしょう。次は1080年?


>

07

厄除けをやってくれる釈迦堂。で、申し込もうと思ったら、今日はイベントのため厄払いは午後からですって。。。あっさり諦めて厄除けのお守り(500円)だけ購入。 このお寺の中には公園の他にいろいろと施設や建造物があって見て回るにはけっこう時間がかかりそうなのですが、今日は天気も悪いので早々に撤収。

しかしまぁ、最近じゃ初詣も行かないし、お寺参りなんてのはめったに来ないのですが、寒かったせいもあってか何だかマイナスイオンの心地よい空間でした。たまにこういう所に来るのもいいものですな。来年の本厄の時にまた来よう。

とまぁ、厄除けお守りのおかげ?でマリーンズは連敗脱出できましたwてか、唐川パパはマリーンズの選手全員に成田山のお守りを差し入れしてあげたらいいのにね。

|

2008年5月 7日 (水)

まだまだ我慢。

対戦相手にも恵まれて何とか首位に立ったレッズですが、目指すサッカーが見えてこないものの、内容的には良いとは言えないけどそれほど悪いわけでもなく。
とりあえず個の力にモノを言わせて無難に勝ち点を積み上げてるといったところでしょうか。

シーズン中の監督解任からチームを立て直すには時間がかかるのはわかってる事なので、アントラーズとガンバがACL疲れでもたついてるうちに6月のJリーグ中断期間で戦術的な立て直しを図りたいところ。

7月には、
鈴木啓太
平川
サントス
ポンテ
田中達也

が戻ってきて

故障がちの
永井
トゥーリオ
の体調も上がってくるはず。

コンディションの良い選手を優先的に使えば「走らない」「パスが回らない」ダメ試合は減るはず。
一向にコンディションが上がらない役立たずの高原を外せるようになるまで我慢ですな。

|

2008年5月 3日 (土)

Bjリーグ

引き続き暇なオッサンのGWですが。
今日ふとTVを付けてみますと、BSフジでBjリーグの番組をやってまして、なにげに見ているとこれがなかなか面白い。

Bjリーグは2005年から開幕したバスケットボールの日本のプロリーグです。
秋から春にかけて東西5チームに分かれてリーグ戦を行って最終的には上位チームでプレーオフしてチャンピオンが決まるって算段です。

普段からNBAのようなスーパーなプレーを見せられてる自分にとっては物足りない印象もあり、メディアの露出もたまにNHKで中継がある程度。
サッカーの天皇杯のような知名度の高い大会も無い。
プロ化されたのは知ってましたが、世間的にさほど盛り上がりも無い企業スポーツどっぷりだったバスケットボールがプロ化して成功するのだろうかと思ってました。

しかし、このBjリーグがなかなか面白そうなのです。

コアなファンは「ブースター」と呼ばれ試合を盛り上げます。
昔からかもしれませんが、洒落の効いた応援もありました。
社会人リーグ時代に見た試合の風景はすっかり払拭され、企業の社員さん中心のベタな応援団とチアリーダーって感じではなく、
試合内容もプロ意識が手伝ってか集中力が高くてアグレッシブ、見応えのある接戦が多いようです。

プロ化にあたってJリーグのような基本理念を持ちプロのバスケットボールリーグとして発展を目指すと同時に文化的にも社会に貢献するという高い志に基づいて活動してるようですね。

観客はまだまだ平均すると1試合に2~3千人って感じのようですが、こういう土壌があれば将来バスケットボールから日本人のNBAに通用するスーパースターが出てくるかもしれません。
ちゃんとした理念を以てプロ化すれば面白いものができあがるって事でしょうか。
また1つ興味深い楽しみを見つけました。こんな雰囲気の良い試合なら会場に足を運んでみてもいいと感じました。

今年のBjリーグはいよいよ佳境で、5月3日、4日に有明コロシアムでプレーオフが行われてチャンピオンが決まるようです。
ちなみにBjリーグ開幕から3連覇を目指そうとしているEVESSA大阪(えべっさんかよ!)が本命のようですが果たしてどうなるでしょう。

|

つり革は両手でおつかまりください。

世間は大型連休に突入しましたが、暇なオッサンはゴルフ以外にする事もなく、明日から連休!とワクワクするはずの週末の深夜に録り貯めた映画を観る事にしました。
で、先日録画しておいた「それでもボクはやってない」を観たのですが。

いやぁ、下手なホラー映画より怖かったです。
もとい、オーメンや13日の金曜日より恐ろしかったです。(古いって言わないでね。)

痴漢の疑いをかけられた主人公が無実の罪、いわゆる冤罪となる映画なのですが、
痴漢の被害に遇った女性が人違いで自分を犯人だと思った瞬間に

d (>◇< ) アウト!

警察に突き出された時点で、犯人確定!です。

弁解は全て嘘と決めつけられ罵倒されながら厳しい取り調べを受け、警察、検察官は当然の事、裁判官も頭ごなしに「推定有罪」。
キムタクのヒーローってドラマがありましたが、被疑者を起訴するかしないかあんなに慎重に吟味する検事はきっと居ないんでしょうね。

被害者の証言だけで有罪にされちゃうんだからもう怖いったらありゃしない。
そりゃあ中にはシラを切る確信犯も居るだろうから警察や検察が有罪ありきで事が進められるのは仕方のない事かも知れません。

でもですよ、最後の歯止めのはずの裁判所まで無罪判決を怖がって有罪ありきで裁かれちゃぁもうヽ( ̄ー ̄ )ノ オテアゲー

映画の中では有罪にする確たる証拠の無い裁判で、起訴した検察のメンツを建てずに無罪を連発する裁判官が飛ばされて裁判官を交代させられる始末。
検察と裁判所がグルなのですw
お役所仕事の司法制度の問題って言っちゃえばそれまでなのですが。

国家権力って恐ろしいですねぇ。誰も助けにならないんですよ。

これって、映画の中の話しだけかと思うとさにあらず、いくら痴漢するクズ男が多いからって示談を拒否して無罪を主張して裁判に踏み込んだ結果97%の有罪率っておかしくないですか?
人違いで捕まったとしたらほぼ間違いなく有罪ってことですよ。

通勤に電車を使う自分にとってはオウムの地下鉄サリン事件に近い怖さがあります。
自分にそんな事が起こったら、長期拘留されるから先ず飼い猫が餓死するのは間違いなく。。。
更に、実家の家族には迷惑をかけて、仕事はクビになり、社会的信用どころか生活も成り立たなくなる。
社会的に殺されるのと同意です。

怖っ!

無実だけど示談に応じるっていう手もあるのでしょうが。イイ迷惑だけじゃ済まない怖さがあります。

って、その前に痴漢するクズ男共をなんとかせにゃならんのも事実。冤罪でも何でも痴漢は厳罰と見せしめるのも痴漢防止策って事でしょうか。
痴漢の被害者女性の心のキズを思えばわからなくもないですが、冤罪で人生棒に振る事になったらたまらんですな。

健全な男性諸君が満員電車に乗る時は身なりを正して、両手でつり革を握っておく事をお勧めします。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »