« メタボ解消大作戦 | トップページ | やればできる子たちなの »

2008年9月25日 (木)

王さんお疲れ様でした。

子供の頃、主要な都市から遠い地方の野球ファンの例に漏れず自分もYGマークの帽子をかぶる野球小僧でした。
当時のジャイアンツと言えば王選手の晩年、ホームランの世界記録達成に世間が沸いていました。

ですから、自分にとってジャイアンツの代表選手と言えば長嶋ではなく王選手。
力強くて勝負強い、ここで一発を放ってくれる希代のホームランバッターの存在感を見て、それが当然の4番バッターなのだと思っていたのでした。

王選手が引退して数年後、少しは客観的な物の見方ができる年頃になり、
好打者ではあるもののチャンスに弱い原辰徳の4番バッターぶりに失望し、
超えこひいき実況をする日テレのジャナウンサーに嫌気が刺して徐々にアンチジャイアンツへ導かれていったのでございますw

国内リーグのホームラン記録を「世界の王」と賞讃するのはどうかと思いますが、球界関係者が口を揃える人格者王貞治。
アンチジャイアンツにはなったものの、王さんはいつまでもホームラン王なのでした。

そんな王さんが監督になって今日まで、日本一も達成し、WBCでも初代優勝監督に輝いたわけですが、
偉大な野球人なだけに、選手を統率するカリスマ性とは裏腹に、ワンマンぶりが裏目に出る采配も少なくなく、有能な選手でメンバーを固定して横綱相撲ができない状況にあってホークスを精神的に苦しい方へ追いつめ続けた事がここ数年の優勝に一歩届かない結果になったのではないでしょうか。
強い責任感を感じながら大病を患い、さぞ辛いシーズンを過ごされたことでしょう。

今年も交流戦優勝というタイトルは手にしたものの残念なシーズンになってしまいました。
痛々しいほどにやつれた体をひとまずゆっくり休めていただいてまた元気な姿を見せて欲しいと思います。
長い間お疲れ様でした。

|

« メタボ解消大作戦 | トップページ | やればできる子たちなの »