« オチヤイバッシング | トップページ | あけおめ。(今更かい!) »

2008年12月 7日 (日)

Jリーグ終了

昨日Jリーグの全日程が終了して鹿島アントラーズが二連覇を達成しました。
ここ数年の傾向ですが、独走優勝するチームは無くリーグ終盤まで優勝争いが混沌とする中、優勝チームが7敗しているように、各チームの実力が均衡しているというべきか、あるいは二連覇を達成した鹿島の勝負強さが光ったというべきか。
とりあえず来年以降も混戦が続きそうです。

浦和レッズはと言いますと、
最終節は横浜FMと対戦し、ホーム埼玉スタジアムで1-6の悲劇的大惨敗。
最初から期待はしてませんでしたが、ここまで酷い内容での敗戦は、12月の寒風の中スタジアムに足を運んだほぼ満員の客に対して失礼極まりないものでした。

まぁ、去年から改善されないチーム戦術のまま、開幕に躓き、監督解任もありながら上位争いできたこともあって、何とか選手は気持ちを切らさず頑張ってきましたが、
監督の迷采配は一向に改善されず、練習してないフォーメンションを突然試合で使ったり、実績の無い若手の起用に拘ったり、下位チームが実戦で経験を積ませるようなマネジメントしか出来ない体たらく。
戦術は相変わらず「個人技」、もっと言えば「戦術=トゥーリオ」。
結局チームを纏めることも、有効な戦術を浸透させることもできませんでした。

リーグ終盤にきていよいよ優勝もACL出場も無くなって、監督解任も決まり、選手のモチベーションも急降下、大敗もやむなしと言ったところでしょうか。

大敗するだけなら、まだしも、昨年から続いた走らない個人技サッカーが染みついて、悪癖と自信喪失だけがチームに残ってしまったのではないかと非情に心配な状態です。

新監督の就任が発表されましたが、この監督の手腕が発揮できなければ、来年降格争いするのは間違いないですな。

さて、浦和のグダグダぶりも酷いのですが、
他チームながらサポーターが可哀想なのが東京V。

とうとうJ2降格が決まったのですが、フロントはシーズン中からチーム強化には無関心。
「降格してもチームが無くなるわけじゃない」と開き直る始末。

実に応援しがいのないチームです。
ファン置き去りの経営しかできない、さすが「讀賣グループ」と言う態度を見ると、「プロチームを持つ資格無し」と言ってやりたい。
まぁ、弱小チームの中にあっては、「若手育成」がメインで「弱くてもいいだろ」というカラーのチームもあって良いと思うのですが、
昔の名前で出ています的な元日本代表をかき集め、きちんとしたチーム強化もせず、現場の声も聞かないフロントでは、ファンは失望するだけ。
過去のベルディの栄光を夢見て、弱くなっても必至に応援するサポーターが気の毒でなりません。

|

« オチヤイバッシング | トップページ | あけおめ。(今更かい!) »