« 走れ走れ | トップページ | 千葉ロッテ日本一を振り返る① »

2009年11月16日 (月)

野球よもやま話

もう随分前の話になりますが、、、

プロ野球はジャイアンツの日本一で幕を閉じました。

少なくなったとはいえ日本のプロ野球ファンは未だにジャイアンツファンが多数を占めるだけに全体的にはハッピーエンドだったのではないでしょうか。

アンチジャイアンツの自分から見ても原監督が復活してからのジャイアンツはいいですな、

金満FA選手も少なからず居ますが、木村拓哉や大道といった野球職人や育成枠から這い上がってきた山口、松本、オビスポと、バランスの取れた非常にいいチームでした。

原監督は、今シーズンはWBCの日本代表監督に始まり最後は日本一と、激戦を爽やかに前向きに戦い抜いてくれました。

現役時代は勝負弱い4番でしたが、監督としては超一流の指揮官ぶりを発揮してくれました。

さて、我がロッテは、

いよいよボビーバレンタインがお払い箱契約満了でチームを去り、チームの顔の一人でもあった小宮山が引退しました。

ここ数年優勝争いに参加できなかっただけに、ボビーも小宮山も褒められる内容じゃなかったのですが、2005年の優勝したシーズン、ロッテファンに楽しい野球を魅せてくれた功労者として感謝の念に堪えません。

二人ともお疲れ様でした。

来年からロッテは、西村監督という地味な指揮官を迎えて、秋季練習に励んでいるようですが、また韓国の主砲を獲得したり、極一部のロッテファンには受けている役立たずのズレータをテストしたりと、、、、

まぁ、しばらくはBクラスを覚悟しなくちゃいけない予感を漂わせております。

生きてるうちに優勝できるでしょうかね(笑)

早くチーム強化に興味のあるオーナーになってくれないかなぁ。

|

« 走れ走れ | トップページ | 千葉ロッテ日本一を振り返る① »