« 千葉ロッテ日本一を振り返る③ | トップページ | 千葉ロッテ日本一を振り返る⑤ »

2010年11月22日 (月)

千葉ロッテ日本一を振り返る④

【ポストシーズンのロッテ】
レギュラーシーズンで残り3試合全て勝利しないと3位になれないところから、3連勝して3位に滑り込み、
CSファーストステージでは、9回表4点ビハインドか大逆転勝利などで2試合連続逆転で西武を撃破。
ファイナルステージでは、ホークスのプレーオフ恐怖症も大いに助けになり、ホークス1勝のアドバンテージを跳ね除けて、というかホークスが半分自滅してロッテ優勝。
日本シリーズは接戦の末ドラゴンズを降した。

レギュラーシーズン終盤から1カ月余り、劇的な試合の連続で、まさにミラクル。
そんな中投手陣の頑張りは凄かった、
故障で1軍当番機会の無かった内の覚醒。
終盤は故障で一時離脱した伊藤の復帰(良く戻ってくれた)。
2軍で調整し、復調した渡辺俊介。
中継ぎに回って良い仕事をした小野、
中四日の登板続きで好投した二代目自称エース成瀬などなど
投手陣の立て直しというか、巻き返しがミラクルの原動力。
ってか、シーズン中からやっとけ!と突っ込みたくなるくらいの投手力アップ!

打線もこれに応える。
今江、清田はもちろんの事、CSや日本シリーズでは西岡、サブローの打率が低かったが、打点はきっちり上げて、粘り強さが際立った。
(延長15回引き分けの時に上げた2点はいずれも4番サブローの打点)

2005年の時もそうだったけど、
相手チームは待ち時間が長くて調子が狂った。
とか、
ロッテの「勢い」が凄かったみたいな解説が目立つのですが。

日本シリーズでは中日よりもロッテの方が1週間待たされたし、その間のミニキャンプでも天候が悪くて予定どおり練習試合できなかった。
サブローや西岡みたいに日本シリーズでは打率1割台と苦しんでる選手も必死で打点を上げたり、後ろの打者に繋ぐことによって自力で流れを作り出してるのに、運良く付いた勢いで相手を圧倒したかのような解説が目立つのが残念。

結局、待ち時間が長くても調子が狂わないように調整すること!
調子を落としても何とかする!のが勝つために必要なこと。

2005年の時も今年もロッテと対戦したチームはそれが出来ず、ロッテはそれが出来た。
運もあるかもしれないけど、それを掴むだけのチーム作りをした監督や、ちゃんと準備して実力を発揮したロッテの選手たちが素晴らしかった。

ホント、今年のロッテはイイチームでした。

思い起こせば、西武ドームの開幕戦、
試合開始前にダグアウト前でチーム全員が円陣を組んで声を1つにする光景を見て、本当にスローガン「和」の下にチームが1つになっている、なろうとしていると感じてちょっと感動。(高校野球じゃあるまいし、プロ野球では見られない光景でした)

そんな光景を目にして監督・コーチ・選手の頑張りが開幕からシーズン最後まで伝わってきた一年だっただけに、日本一の瞬間は2005年の時には無かった嬉し涙がこぼれました。

|

« 千葉ロッテ日本一を振り返る③ | トップページ | 千葉ロッテ日本一を振り返る⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192205/50100144

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉ロッテ日本一を振り返る④:

« 千葉ロッテ日本一を振り返る③ | トップページ | 千葉ロッテ日本一を振り返る⑤ »